主婦キャッシング

主婦が低金利カードローンで融資を受ける|即日キャッシングが可能

主婦がお金を借りる時に気になるのが金利についてですよね。お金を借りることで助かる反面、返すときには借りた金額以上に返済することになるので、もったいなく思うのが主婦です。

低金利なら銀行カードローン

主婦や収入が低くて融資を受ける際には、なるべく金利が低いところを探してしまいます。低金利という点で借りるならば、銀行系のカードローンを選びましょう。大手や地方など、銀行によって金利が違っています。

金利に拘るならば、全国の顧客をターゲットにしている大手よりも、地域密着型の地方銀行の方が低金利のカードローンを探すこともできますので、大手だけではなく地方銀行にも目を向けてみましょう。

地域密着になっている分だけ地方銀行の方が条件が厳しいですが、条件にあてはまり手続きし審査に通ってしまえば、低金利で融資受けることもできます。その為、複数の銀行を調べて、自分に合ったところを見つけましょう。

即日融資なら消費者金融

消費者金融で融資の申請するならば、直接来店したりネットや電話や郵送による手続き方法があります。都合の良い方法を選ぶこともできますが、時間短縮で手続きして即日に融資を受けたいほど急いでいる場合もあります。

急いでいましたら、パソコンやスマホにて手続きをすれば、審査が通ったあとで来店することによって、カードを受け取ることができますので、早い時間ほどおこなえば即日融資が可能です。

来店して手続きしても、即日カードが発行し融資を受けることもできます。ただし、審査をするにも時間が掛かり、待ち時間も発生します。待ち時間が勿体ないと思いましたら、先にPCやスマホで手続きすれば時間短縮もできますので、急いでいるほど先に申請だけはしておきましょう。

配偶者貸付制度とは?

銀行系のカードローンの申請する場合には、本人が収入が少なくても配偶者に安定した収入があれば、配偶者と年収を合わせて3分の1までの融資を受けることができます。

これを配偶者貸付制度といい、配偶者の収入を証明する書類、金融機関によっては同意書の提出も必要になることもあります。また合計した年収で支払い能力を確認したいので、申請する本人分の収入証明する書類も必要になってきます。

この制度を利用したからと、通常よりも金利が高くなることはないですし、審査に通る条件が厳しくなるわけではありません。金融機関によって条件が異なり、予め確認しないとならないですが、条件に合えばとくに問題はないです。

ただし他社にて融資を受けている場合には、希望されている融資限度額よりも低くなることがありますの。その為、自分だけではなく配偶者の過去の利用歴も、確認した方がいいですよ。

旦那にバレずにカードローンを利用

消費者金融や銀行系のカードローンを利用する時には、旦那からバレないようにと内緒で借りる人がいます。

上手に誤魔化すことができれば問題はないですが、それでも融資の申請している時に旦那の会社に在籍確認の電話や同意書などの書類を用意しないとならないなど、心配事もでてきてしまいます。

主婦でも正社員ではなく、パートや派遣社員など長期間働いていて安定した収入があれば、申請している限度額が低いほど本人確認の証明書以外の提出しなくてもいいのです。

在籍確認するにも自分が働いているところに電話が掛かってくるだけですし、プライバシーを考慮して連絡をするので安心です。過去に借りていた履歴がなかったり、延滞しなければ審査が厳しくならないので、短時間で結果が終了します。

主婦がパートやアルバイトなら消費者金融の利用可能

消費者金融から融資の申請し、無事に審査が通るかと心配することもあります。イメージ的には銀行系のカードローンよりも簡単に融資ができるというイメージですが、消費者金融の場合は総量規制があることから申請する人の収入によって、これ以上貸出すことができないという縛りがあるのです。

ただ逆に安定した収入があれば、3分の1までの範囲以内ならば、融資することが可能なことから、正社員でなくても利用することが可能です。

ただし、収入面だけではなく年齢や過去に他者から利用した経験など、色々とチェックしてから融資できるかを審査します。問題がなければパートでも派遣社員でも主婦に関係なく融資することができますので、主婦で安定した雇用ではないからと躊躇する必要はないのです。