基礎知識

総量規制対象外って何?パート主婦が借りられる限度額やカードローン

カードローンを利用するときに耳にするのが「総量規制対象外」という言葉。これってどういう意味なのでしょうか。パート主婦がお金を借りる時に総量規制対象外という意味について考えていきましょう。

総量規制とは?規制外とは?

消費者金融では、融資の申請をする際に支払い能力を証明する為、収入を証明することができる書類の提出が必要になっています。これは法律にて本人の収入に対し、限度額が3分の1までという規制が定められているのです。

その為、専業主婦は安定した収入がないことから、消費者金融を利用することができないことになっています。ただし総量規制は、消費者金融の場合のみ適応することができます。

逆に銀行系のカードローンに融資を申請しますと、条件にさえあてはまることができれば、審査に通ることができるのです。銀行は総量規制外になっていることから、専業主婦でも融資を受けることができます。

また借り過ぎない為に限度額が低く設定しており、返済シュミレーションができている分だけ、消費者金融よりも厳しくないのです。

銀行カードローンは総量規制外

銀行は消費者金融とは違い、収入に合わせて限度額を制限する規制がないのです。過去に消費者金融の多額の融資による金利が増えたことによって、自己破産数が増えてしまい社会問題にまで発展した経緯と、銀行のカードローンが定着されていなかったことが背景にあります。

またお金に関してはプロな分だけ、支払い能力があるかどうかを見極める能力が長けており、申請しても短時間で審査できるのが可能なのです。その為、条件に当てはまる人には、希望している限度額までの融資を出すことができます。

逆に収入がない専業主婦、他社に融資を受けている人に対しては、限度額が低かったり希望している限度額よりも低く設定されることもあります。

銀行によっては、専業主婦でも旦那の収入の証明する書類や同意書の提出が必要なところもありますが、20歳以上で旦那さんは安定した収入さえあれば、融資の申請をしても審査が通ることもできるのです。

専業主婦は銀行カードローンで借りられる

専業主婦は働いていなく収入が0円だから、金融機関にて融資を受けることができない?いや、銀行系のカードローンでしたら条件にあてはまれば、融資を申請することで借入れすることができます。

大手銀行の条件の1つとして、20歳以上で旦那が安定した収入があることです。過去に返済が滞っていないなどの問題がなければ、申請したら短時間で審査に通ることができます。

ただし、申請する時に本人確認の書類することがありますし、銀行によっては夫の収入確認の書類も必要になってきます。

中には同意書の提出もありますので、内緒で借りるならば審査が厳しくないところを選ぶようにしましょう。審査が厳しくない分だけ、限度額が低くなってしまいますが、通ってしまえば専業主婦でも融資受けることができるのです。

消費者金融は働いている主婦は利用OK

消費者金融で融資の申請をしますと、本人確認の他に収入を証明する為の書類を提出することがあります。これは融資する条件として年齢の他に、一定の収入があることが条件となっているのです。

収入証明書などの書類によって、希望している限度額の支払い能力があるのかを判断します。総量規制法によって収入の3分の1までしか、融資することできない決まりとなっていますので、場合によっては希望した限度額よりも下がることもあります。

その為、年齢ではクリアできても、収入がない専業主婦は融資の申請ができないのです。金融会社によって申請している限度額が低い場合には、収入を証明する書類の提出は必要ないですが、安定した収入さえあれば派遣やアルバイトやパートでも融資の申請ができます。

総量規制オーバーならおまとめローンで一本化もあり

複数の金融会社に融資を受けますと、借入れ金額によっては金利もそれなりに高いです。滞りなく返済しているものの、金利がなくなれば他のものにお金を回したいと感じることもあります。

その場合は、担当のスタッフに相談することによって、1本化にする方法もあります。ローンをまとめて1本化にするメリットはなんといっても、金利も1本化にできるので返済する合計金額が安くなります。その分だけ多くローンの返済にすることができ、返済する期間を短くすることも可能です。

また返済期日も1つにまとまり、入金するのを忘れたなどのミスもなくなります。1本化によって総量規制オーバーすることもありますが、スタッフと相談することによって返済の計画を立てることもできます。

ボーナスでの繰り上げ返済や支払期日さえ守れば、複数の融資によって返済に困る場合には1本化のメリットは大きいです。