基礎知識

主婦が収入証明書不要で即日融資|おすすめカードローンの審査

収入証明書がなしでも主婦が即日融資を受けられるカードローンがあるのか気になりますよね。ここでは主婦でもお金を借りることが可能な消費者金融をまとめてみました。

主婦がキャッシングに申し込む時に必要な書類

主婦に限らず、金融業者からお金を借りるには必要な書類があります。
金融業者からすれば身元がはっきりしていない人にお金を貸す、というのが危険な行為だからです。
身元がしっかりと保証されているとわかる書類は、ザックリいうと公的機関から発行されている書類で、顔写真があればなお良し、というところ。
具体的には
・マイナンバーカード
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証 など
が挙げられます。

注意が必要なのは、写真がついていない証明書(健康保険証など)を使用する場合や、現住所と上記の証明書に記載の住所が異なる場合には、以下の書類が必要となる場合があるという点です。
・住民票
・印鑑証明書
・公共料金の支払証明(領収書) など

収入証明書が必要になる条件

主婦が借り入れを行う際に収入証明書が必要になるケースがあります。
ひとつは、高額の借り入れを希望する場合です。
高額と言っても業者によって想定されている金額にはバラつきがありますが、だいたい50万円以上と考えておいてよいでしょう。
主婦と言ってもパートやアルバイト、在宅仕事などで一定以上の収入がある場合はさほど問題ないでしょう。
問題なのは専業主婦で自分名義の収入がない場合、あるいは収入が低くて借り入れ用件を満たさない場合です。
一部消費者金融系のカードローンでは配偶者貸付制度を採用していますので、これを利用する際に主婦本人ではなくご主人の収入証明書が必要となります。
・源泉徴収票
・納税通知書
・確定申告書
・所得証明書
のほか、給与明細書が収入証明書として広く認められています。
しかし、業者によって提出を求められる証明書の種類が異なるので、事前にチェックしておきましょう。

専業主婦は収入証明書なしでも借りられる?

キャッシングには消費者金融系のカードローンと、銀行系のカードローンがあります。
消費者金融系のカードローンは、専業主婦にお金を貸すことはありません。
消費者金融が貸し出せる限度額が、本人の年収の1/3までと法律で決まっているためです(貸金業法による総量規制)。
例外として、配偶者貸付制度がありますが、ご主人の収入証明書が必須です。
消費者金融よりも審査が厳しいイメージのある銀行系カードローンであれば、意外なことに専業主婦でも収入証明なしで借り入れが可能です。
ただ、やはり収入がない点がネックになってきますのでほとんどの銀行系カードローンでは30~50万程度が借入限度額となり、これ以上の大きな金額を借りることは難しいでしょう。

総量規制以上を借りるなら収入証明書は必要?

総量規制は借金が増えすぎて返済が出来なくなり自己破産が増えてしまった事に対して、安易な借り入れを防止するために導入されました。
しかし、銀行は貸金業法のカバー範囲外のため、銀行カードローンでは総量規制を受けません。
ただ、先述したように専業主婦が銀行カードローンに申し込む場合、収入証明書が不要なものの、限度額は抑えられてしまいます。
一方、消費者金融でも銀行でも行っている「おまとめローン」も総量規制の対象外です。
「おまとめローン」でも収入証明書が「必要な場合もある」と記載されていることが多いですが、複数の金融機関からの借り入れを一本化して金利を抑える、という性質から返済額そのものは比較的多いケースがほとんど。
そうすると借入総額が多くなり、貸し付ける側のリスクも高くなるため、主婦であるか否かを問わず収入証明書を求められることがほとんどだと考えてよいでしょう。

収入証明書不要で借りられる消費者金融

結論から言うと給与所得が発生しない専業主婦が、収入証明書不要で借りられる消費者金融はありません。
しかし、パートやアルバイトといったほんの少しの収入でもあれば、審査に通る可能性があります。
・プロミス
・アコム
・アイフル
以上の3社が収入証明不要で借り入れが可能な消費者金融です。
ただし、条件があります。
1社からの借り入れが50万円以下、他社との合計の借入額が100万円以下に抑えなくてはいけません。
収入証明なしでの借り入れは、やはり限度額が低めに設定されてしまいます。